無料の化粧品サンプルを使う女性にブスが多い理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品のサンプルを入手される機会はなにかと多いかと思います。

化粧品の販売会社は販売促進のため、大量のサンプルをバラ撒きますよね。

一度は使ってもらわないと継続して買ってもらえない。化粧品業界にはそういった風潮があります。

サンプルの配布はメーカーの自信の表れと感じるかもしれませんが、本来のサンプルの目的を考えてみましょう。

あなたはいたずらにサンプル収集家になってしまってはいませんか?

化粧品の無料サンプルは肌に合うか試すため

無料サンプルの主な目的は、その人の肌に合うか試すためです。

いわゆるパッチテストですね。

このことを忘れてはいけません。

肌に合わない化粧品を無理に使うと、肌がトラブルを起こして取り返しのつかないことになります。

せっかくお高い化粧品を買ったのに、自分の肌に合わなかった…ということはありますよね。

そんな無駄にならないようにという意味でも、化粧品の無料サンプルという存在はありがたいものです。

無料サンプルの化粧品をむやみやたらに使うのは止めましょう

化粧品の新製品が発売されると、ネットでのモニター募集や化粧品売り場でサンプルが配布されることありますが、やたらとサンプルを集めたりするのはどうかと思います。

無料サンプルで美人になる方法なんてありません。

サンプル品とは肌との相性を試すということが一番の目的です。

自分の肌に合うかどうかもわからないのに興味本位などでサンプル化粧品を使用することは、自分の肌を実験台にして試しているようなものです。

これが無料の化粧品サンプルを使う女性にブスが多い理由です。

化粧品売り場で専門家に相談して無料サンプルを入手するのはアリ

化粧品売り場の店員さんに、自分の肌質や普段使っている化粧品などを伝えたうえで勧められる無料サンプル品ならば、まだ安全性は確保できるでしょう。

ある程度は肌質に適した商品をオススメしてもらえるでしょうね。

売り場の販売員の方とお話しするのは敷居が高いと思うかもしれませんが、やはり専門的なことはプロのほうが詳しいです。

とにかく、自分が実験台になるなんてマネだけは避けましょう。

無料サンプルを使う人は自分に合った化粧品に出会えていない

自分に合った化粧品にさえ巡り合うことができれば、もはやその化粧品を変える理由はありません。

すぐに化粧品の無料サンプルに飛びついてしまう人は、そんな運命の化粧品に出会えていないのではないでしょうか?

もちろん定期的に化粧品を見直す必要はあるでしょう。

20代に使っていた化粧品を、30代、40代と使い続けることはありえません。

歳を重ねるごとに肌質も変化しますし、お肌の曲がり角といったものを何度か経験することになるでしょう。

ですが化粧品というものは、本来コロコロと変えるものではないのです。

はやく自分に合った化粧品たちに出会えるといいですね。

肌質に合った化粧品ならば3ヶ月は使いましょう

無料サンプルの化粧品を使ってみて、自分の肌との相性がいいなって思えたならば、できれば3ヶ月は使い続けてみてください。

そのくらいの継続期間がなければ、その化粧品の性能といったものを評価することはできません。

もちろん、使ったその日に実感できるといった、すばらしく相性のいい即効性の商品に巡り合うこともあります。

そんなハッピーなことになれば言うことなしなのですが、現実はなかなかそうはいきません。

肌質は人それぞれであって、口コミすらあてにならないことには気が付いているのではないでしょうか?

じっくりと自分に合った化粧品を探して、はやく無料サンプルを使う生活から脱したいものですね。

高級ブランド品が自分に合う化粧品というわけではない

ブランドの化粧品ってあこがれますよね。

ですが、肌質は一人一人違いますので、高級ブランドの化粧品が必ず自分にとっていい化粧品であるとは限りません。

ブランド品のいいところといえば

  • すぐに販売終了にはならず安定供給してくれる
  • 品質管理がしっかりしているので安心して使える
  • シリーズ化したものはそれぞれの相性がいい

などですね。

せっかく自分に合った化粧品をみつけたのに、すぐに販売終了や販売店が少なくなって手軽に購入できなくなることってありますよね。

ちゃんとしたメーカー品であれば、その心配なく長く使い続けることができそうです。

そしてなんといっても品質的な安全性は確保されますし、クレームの対応なども信頼できるでしょう。

相性については香りの問題もありますが、シャンプーとトリーメントは同じブランドのものを使ったりもしますよね。

ブランド品と呼ばれる商品のメリットは確かにありますが、それがすべてというわけではありません。

ブランド品だからと信用して、自分の肌に合っているか確信がもてないまま使い続けることも危険なことではないでしょうか。

まとめ

無料で配布されている化粧品のサンプルや無料モニター体験など、とても魅力的で心惹かれる企画ではあると思います。

しかし、そういった無料のものを集める収集家になってはいけません。

サンプル品の本来の目的は、肌との相性を試すということです。

興味本位でサンプル品を使用することは、肌にとっても良いことではありません。

それでも自分に合った化粧品を探すことは必要です。

化粧品売り場の店員さんは専門家ですので、相談してみるのはどうでしょうか?

近道できるところは近道して、じっくりしなければいけないところは我慢してみる。

愛用品といえる化粧品にはやく出会えるといいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。